お金はあればあるほど良いわけではない!?年収と幸福度の関係性!あなたの幸福度はどのくらい?

こんにちは。

研究員のミトンです。

皆さんは今、幸福と感じていますか?

幸福と感じている人はもう満足できていますね。幸せなことです。

しかし、人間はよく深い生き物なので、現状に慣れてきてしまうと新たな欲求が出てくるものです。

欲が深いと聞くとあまり良い気分にはなりませんよね。

しかし、この欲深さのおかげで現代の文明を作ったと聞くと悪い気もしません。欲がなければ新しいものや、より便利になる仕組みなどは生まれなかったでしょう。

この欲が満たされた時に人は幸福感を感じます。しかし人間の科学から欲が満たされる=幸福感ではないことがわかってきています。

では人間の幸福感が一番大きい時はいつなのでしょうか?

それは報酬と自由のバランスで決まると言われています。

現代社会において地位を表すのに最も使われているものは

「年収」

です。私は年収も高くないし、これを振りかざす人はどうしても好きになれません。

しかし、残念ながらお金を稼いでいた方が有利なことはたくさんあり、資本主義なんだなと感じる場面が多々あります。

やはり年収1億と聞くと、さぞ良い暮らしで幸せなんだろうなと思います。

これが実はそうではないみたいなのです。

幸福度チェックを行った結果、

「年収2000万円を越えると幸福度は一定となる」

だそうです。

いやいや、お金はあったに越したことがないんだから稼げれば幸福度は上がるでしょ!と思ってしまいますよね。私も稼いだことないのでそう思います。

しかし、想像してみてください。年収1億稼ぐ、いや稼がないといけない仕事量を。

たった30〜40万稼ぐ仕事も大変なのにそんな稼ぐ仕事量はさぞ大変なんだろうなって感じますよね。

もちろん、稼げるシステムを作ってしまった人はそこまでの苦労はしていない方々も大勢いるでしょう。

一般にこの額を稼ぐなら相当な仕事量と責任が大きく仕事に楽しさを見出せないかもしれません。だったら安月給でも好きなことをしている人の方がよっぽど幸福感は得られています。

次に、なぜ2000万が頭打ちになってしまうのかです。これは個人差はあるかと思いますが、

「年収2000万あれば大抵のことはほとんどできてしまう」

これが全てでしょう。生活が普通にできている人にとっては、生活費以外にかかるお金がネックとなります。一般的な悩みとしては養育費や交際費などですね。悩んでいる方も多いと思います。これらが自由に使えたらどれだけ幸せなのだろうと夢を抱きながら必死に働いているわけです。

しかし、この2000万があれば並大抵のことはできてしまうのです。毎年家族で旅行や、休みには美味しいものをいっぱい食べて、子供の学費も怖くない。普通の暮らしをするには十分な稼ぎとなってきます。

そしてこのぐらいの稼ぎであれば、週休2日もとれて十分な自由時間が生まれている人が多いです。

生活が今まで豊かになると人の幸福度はぐんぐん上がっていくんですね。ただし2000万までは。これ以上は非日常な生活が待っていますので、ある程度で飽きがきてしまうんです。

これが幸福度が一定になってしまう原理です。

現代に生きていくことで最も重要なことは「お金を稼ぐこと」ではなく、「幸福度を高めること」です。

一度きりの人生なので、社会の歯車となり回すよりも自らの生き方を見つけ幸福な人生を歩んでいってください。

そのために必要なことは、まずは年収2000万を目指しましょう。

私ミトンも副業生活で目指しています。

そんな副業をするやる気スイッチを押してくれる動画をご紹介します。

ノウハウではなくメンタル面の動画ですので、メンタルは揃っているって人はスルーしてください。

明日の投資は決まりましたか?

それでは。